2013年10月5日土曜日

裸の王様 橋下徹




 今回はアンデルセンの裸の王様から使わせてもらう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E3%81%AE%E7%8E%8B%E6%A7%98

 で、実際産経新聞の報道でも大阪府幹部の中にハシゲを「裸の王様」と指摘する声がある。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/localpolicy/489666/

 だが、ハシゲには届くことはないのだろう。なぜなら、彼は自分の部下を自殺させている恐るべきサイコパスであるからだ。

http://gendai.ismedia.jp/articles/print/23710
 
 だから、こんな男にはきっちりと裸の王様と言い放っておこう。
 しかし、最初から大声ではいけない。裸の王様だと子供が言ったのは周囲のささやきからだった。最初はささやきから始めなければならない。
 まず、民主党・自民党・共産党はこの策を大阪府の反ハシゲの人たちと連携して進めるべきである。

1 大阪府周辺の地方自治体で限界集落や過疎に悩む市町村を対象に近隣自治体に人権特区を開設し、土地を買い上げて反ハシゲの市民を積極的に移住させる。
2 大阪府から中小企業を人権特区に移転させる。大企業は人権特区に移転したことを理由に取引を中止したり不利な要求をしてはいけない。した場合は厳重な処罰を与える。
3 人権特区に移住した市民や中小企業には5年間免税措置を与える。
 これらは東日本大震災で深刻な被害に苦しむ福島県の地方自治体にも有効である。大阪から実験していけば、日本の活性化に繋がる。また、北海道から岩手県までの地方自治体やリゾート開発に失敗した地方自治体にも適用できる。

 我々でもできることはある。
4 ふるさと納税で大阪市・大阪府に納税する額を徹底的に減らす。
5 賃貸住宅ならば、大阪府から近隣地方自治体に移住する。
6 大阪府・大阪市職員はガンジーの非暴力不服従運動に習い、自称市長と自称知事の命令に従わないこと。我々はその方針を支持する。
7 関西空港および大阪空港のボイコットを行い、神戸空港を使うこと。
8 ハシゲへの怒りの100万通のメールをシチョーシューニンあとに行う。正統市長である平松邦夫氏に敬称を使うこと。ハシゲを徹底的に惨めにさせることで、己がモラハラであることを思い知らせることになる。
9 ブログで怒りを定期的に表明し、ヤクザくずれが作るテレビ番組をボイコットすること。
 また、法人税を徹底的に減らす方法もある。それは大阪にある大企業に大阪府以外に本社を持つ企業との合併を働きかけ、本社を移転させるのである。

 ハシゲよ、己は裸の王様だと言うことを身をもって思い知ることになるぞ。
 弁護士失格であることは以前こう指摘した。


<光母子殺害>TV発言で業務に支障…橋下弁護士を賠償提訴
9月3日19時24分配信 毎日新聞

 山口県光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審で、被告の元少年(26)の弁護団のうち広島弁護士会所属の弁護士4人が3日、日本テレビ系のテレビ番組で懲戒処分を視聴者に呼びかけられ業務に支障が出たなどとして、大阪弁護士会所属の橋下(はしもと)徹弁護士(38)を相手取り、1人当たり300万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁に起こした。
 訴状によると、橋下弁護士は5月27日、関西のよみうりテレビ番組に出演。差し戻し審弁護団について、「もし許せないって思うんだったら、一斉に弁護士会に対して懲戒請求をかけてもらいたい」などと発言した。放送後、広島弁護士会には、4人の弁護士に対し、それぞれ約300件の懲戒請求が寄せられ、4人はその対応のために弁護士業務に支障が出たと主張している。
 橋下弁護士の事務所は、訴状が確認でき次第、記者会見を開いて説明するとしている。

 この事件で、1・2審は無期懲役の判決を出したが、最高裁は06年6月に2審判決を破棄し、広島高裁に審理を差し戻した。同高裁では、18日から3度目の集中審理が行われる。【大沢瑞季】


 こんかい、橋下を書人両断すべきと判断したのは、弁護士として侵してはならない犯罪を犯したことに対し厳しい制裁を加えるべきだと知ったからだ。当ブログは山口県光市の母子殺害事件に対し、弁護士ではなく元少年に私なりの厳しい問いかけを行った。
 だが、被害者の本村洋も法律をあまりにも無視した発言ばかり繰り返したため警告としてこのコラムで厳しく批判した。今回の橋下の暴言も放置の対称にするわけには行かない。
 橋下の暴言内容は以下の通りである。

橋下弁護士、テレビ番組での発言要旨
9月6日8時30分配信 産経新聞
 山口県光市の母子殺害事件の裁判をめぐり、橋下弁護士が5月27日放送のテレビ番組「たかじんのそこまで言って委員会」(よみうりテレビ制作)で発言した主な内容は次の通り。
 ぜひ全国の人ね、あの弁護団に対してもし許せないと思うんだったら、一斉に弁護士会に対して懲戒請求をかけてもらいたい。懲戒請求ってのは誰でも彼でも簡単に弁護士会に行って請求を立てれますんで、何万、何十万という形で、あの21人の弁護士の懲戒請求を立ててもらいたい。1万、2万とか10万人くらい、この番組を見ている人が一斉に弁護士会に行って懲戒請求をかけてくださったら、弁護士会の方としても処分を出さないわけにはいかない。

 さすがに、この暴言に対して本村も顔をしかめたようで不快感を表明している。裁判における被告人の権利は弁護人をつけて説明する権利なのだが、橋下の暴言は明らかにこの権利に抵触した上、やってはいけない他人の業務妨害まで行った。この暴言はインターネット上のネチケットを無視しろといっているようなものである。
 こうした橋下こそ、懲戒請求をされてみるがいい。本人は強がって反論するとかほざいているが、実際21人の弁護士や本村まで敵に回してしまったわけだからトラの尻尾を踏みつけてしまったわけだ。橋下は即刻弁護士を廃業してタレントにでもなるがいい!!せいぜい二年後にはワーキングプアになって派遣社員に成り下がるだろう。

2007-09-08 21:26:32

許される赤字と許されない赤字がある(小野哲)
テーマ:ブログ
2008-09-09 10:26:52
 大阪府のファシスト・橋下徹の暴走族以下の悪党政治で大阪府は恐怖のどん底にある。
 反対多数なのにもかかわらず「赤字だから」として体育館や児童施設の強引な廃止を打ち出した上、私設秘書に廃止を強引に裏付けるために盗撮までさせている。
 私はこの男の危険性を無責任連中書人両断で指摘し、本村某以下だとこき下ろした。ここまでやるのかと思うとあきれ果てる。
橋下・大阪府知事:廃止方針の府立文学館を「隠し撮り」 「仕事ぶりチェック」

 ◇現場は困惑

 大阪府の橋下徹知事は6日、廃止方針を打ち出している府立国際児童文学館(吹田市)の館内の様子を調べるため、職員に内緒で2日間、ビデオ撮影したことを明らかにした。橋下知事は「何の努力の形跡もうかがわれない」と映像を見た感想を述べた。「隠し撮り」について「民間なら当たり前のリサーチ」と話したが、その手法は議論を呼びそうだ。
 橋下知事の私設秘書が8月、撮影した。知事は「(来館者を増やす)取り組みは一切感じられなかった」と酷評。子どもたちが漫画ばかり読んでいたとして、「実際は漫画図書館」と不満を表した。映像は府議会などでの公表を検討する。
 文学館の北田彰常務理事は「びっくりした。いつ誰が来ても、きちんと対応している」と困惑気味。「7月の来館者は昨年の4割増、8月は5割増になった」と反論し「『漫画ばかり』と言われるが、70万点のうち14%に過ぎない」と話した。
 府は財政再建案で、文学館を来年度中に廃止する方針を示している。橋下知事は「行政は予算を付けても、執行の管理ができていない。本当にやっているのかチェックするのが僕のやり方」と話し、廃止を検討する他の施設についても「隠し撮り」させる方針を示した。【長谷川豊、田中博子】
毎日新聞 2008年9月7日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080907ddm041010112000c.html

 この男に努力しているとかと評価される筋合いはない。まず、盗撮するということはそこらへんの裏ビデオ盗撮連中と同じなのだ。
 もし、この男のいうとおりに赤字だからと施設をやたらめっぽうに廃止したらどうなるか。当然第三セクター線も廃止になるだろう。だが、第三セクター線に交通の便を持っている人はバスでは時間の正確さが担保されない。ましてやそのバスもいつ廃止になるのかわからないのだ。
 ましてや教育には目に見えない効果がありそれが出てくるのは10年20年先の話なのだ。むしろ橋下は独断と偏見でしかない廃止ありきの妄論ではなく活用すべきの論で見るべきなのである。そもそも自らの給料こそ4年間の任期で無償報酬すべきなのだ。自分の痛みも伴わない改革など何が改革か。
 私は極右版田中康夫であるとこの男を断じてきている。この男にできることは無償奉仕に加えて今まで自民党から公明党によってゆがめられてきた行政をただして口利き行政を完全追放することしかない。

スポーツ日本 2008年10月23日
橋下知事 生徒にマジ反論「私学はあなたが選んだ」
 大阪府の橋下徹知事は23日、府が財政再建の一環で私学助成を削減したことなどをめぐり、府内の私立、公立の高校生グループと府庁内で意見交換した。生徒からは削減に反対の声が相次いだが、橋下知事は「私学はあなたが選んだ」「日本は自己責任が原則」と厳しい(冷たい 小野訂正)態度を貫いた。
 橋下知事は冒頭から「僕も反論します」と本気モード(暴言モード 小野訂正)。私立大阪高校(大阪市)に通う母子家庭の男子生徒が、中学でいじめにあったため、学力的に公立に行けなかった事情を説明すると「いいものを選べば、いい値段がかかる。条件を比較して、あなたが選んだのでは」とやり返した(これは暴言である 小野加筆)。
 知事は「今の日本は自己責任が原則」と強調。一方で「何でもかんでも自己責任はおかしい。だから私学助成はゼロにしていない」と理解を求めた(言い逃れた 小野訂正)。
2008年10月23日 21:45

 この記事を見て私ははらわたが本当に煮えくりかえった。
 我が盟友が痛烈に「モラハラ知事」とこき下ろすまでこの男のレベルは低すぎる。まず、私立は「学力のない人」を受け皿にしようとしている傾向がある。彼らにはそこしか選択肢がない事情もあったのだ。
 それをごく僅かのエリートクラスと同じように扱う暴言。その他にもこの橋下自称知事、モラハラを取り上げているサイトによるとこの記事の二年前にスーパーモーニングに出ていたそうだが、その際やられていたモラハラ特集の際に行われたモラハラチェックリストにほとんどドンピシャと引っかかっていたそうだ。これで何が「もう高校生なんだから大人としての対応をした」のか。どちらが大人なのか、全く分からなくなってしまう。「道路にお金を使わず、教育や福祉に使って下さい」「あんなに道路は必要ないと思います」とまっとうなことを指摘する高校生には「僕は必要だと思います」、「アメリカ軍にお金を使わないでこちらにまわしてほしい」には「あなたが議員になればいい」と非現実的な暴言を繰り返す。高校生ら「大阪の高校生に笑顔をくださいの会」のメンバーは激怒し、悔し涙を流した。この記事にかなり訂正を入れてあるのは、権力者に対する一定の警戒を以て読み解いて欲しい私の意図があるのだ。何も左翼右翼の概念で見ろと言っているのではない。あのトヨタ自動車の「こども店長」もびっくりして卒倒請負だ。

 だが、私の警告は通じなかった。そうして彼は人でなし振りを発揮している。

追加
 私が指摘したように、ハシゲは更なる横暴をやらかした。毎日新聞より引用する。


<橋下>批判的職員に反省文書かせ、市は「忠誠」通達

毎日新聞 12月16日(金)15時0分配信



  大阪市が今月8日、「職員は市長の職務命令に忠実に従う」とする法律の規定を周知徹底させるよう、全所属長に異例の通達を出していたことが分かった。11月27日の市長選後、橋下徹や大阪維新の会に対する職員の否定的なコメントがテレビで放映されたのがきっかけで、橋下の意向を受けた措置。橋下は、職員を特定して「反省文」を提出させており、識者からは「越権行為だ」との批判も出ている。

  橋下が圧勝した市長選を受けて、テレビの取材に応じた市職員が「民意という単語が僕の(認識)とは違う」「向こうが言っている二重行政が分からない」とコメント。これが11月28日以降、繰り返し放映された。
 映像を見た橋下は「『民意』とは公務員の身分で言うべきことではない。日本の民主主義がだめなのは、公務員に選挙がバカにされているからだ」と不快感をあらわにした。今月5日にはコメントした職員に発言の真意をただすよう、総務局長に指示。更に市として民意や政治への対応方針を出すよう求めた。
 総務局は8日、「民意、選挙、公選首長と公務員、行政と政治についての基本認識の徹底について」と題する内部通達文書を全所属長に配布。「市長は職員を指揮監督する権限を有し、職員は職務上の命令に忠実に従う義務を負う」など地方自治法や地方公務員法の規定を引用し、「軽率な意見表明や行動で市民の信頼を損なわないように」と指導を求めた。
 コメントした職員2人は9日までに「発言の一部だけが取り上げられ、誤解を招いた」「もう少し丁寧な言い方をすべきだった」などとする反省文を総務局を通じて、橋下に提出した。橋下は「きちっと反省の弁が出てきた。今後、2人には行政上の反対論はどんどん言ってほしいと伝えた」と、一件落着させる考えを示している。【林由紀子、茶谷亮】

◇古い体質、越権行為だ

 新藤宗幸・元千葉大教授(行政学)の話 公務員も、就業時間外や職場の外では自由な立場・人格が尊重されるというのが近代の常識。「犯人捜し」をして反省文を出させるというのは越権行為で、橋下自身が批判する古い体質のやり方だ。言論統制に他ならず、職員が自由な意見を言えない萎縮した組織になってしまう。職員は公務員であると同時に一市民でもある。橋下は、自分を批判する「民意」にも誠実に耳を傾けるべきだ。
(後略)

 批判されて当然のことを今まで繰り返して、指摘されて逆切れすると言うことは彼が裸の王様であることを自ら証明した。
 私や我が盟友が厳しく批判を繰り返し、佐高信氏に二枚舌小僧呼ばわりした本章はこの一部に過ぎない。反省文を書かせると言うことは書かせた職員の思想に不当に介入したことであり、法律で言う強要罪である。当然、弁護士出身のハシゲは承知のはずなのだがすっとぼける。
 ふざけるなの一言に尽きる。さらに過去、私はハシゲをこうこき下ろした。

あーあ、低レベルやね(小野哲)
テーマ:企業・市民

2008-09-27 20:21:38
 ソフトバンクモバイルのコマーシャルを反日的とこじつける愚か者がいるようだ。白戸家のキャラクターをいかにも苦し紛れに反日的と誤字つけるお粗末きわまりない論理である。
 はっきり言ってくだらない。彼らのブログを見てみるとやはり日本が過去犯した戦争犯罪を居直り、開き直っているのだ。独断と偏見で未来は見ることはできない。
 そもそも、孫正義氏のどこが気に入らないのか。彼が在日コリアン(日本国籍を取得したれっきとした国民)なのが気にくわないのか。そうだというなら、まさしく食わず嫌いの発想そのものだ。私は戦争責任居直り連中の言うことは全く相手にするつもりはない。だから拙ブログではそういうバカ相手に何のトラックバックはしない。そういうバカはバカで勝手にいきり立っているがいい。相手にされないのが落ちだからだ。
 それが人々を動かす政治家なら、話は別だ。中山某のあの暴言は許すわけにはいかない。


2008年9月25日 成田空港拡張工事への反対派に対して
 「戦後教育が悪かったと思うが、公のためにはある程度自分を犠牲にしてでもというのがなくて、自分さえよければという風潮の中で、なかなか空港拡張もできなかったのは大変残念だった」 と暴言。
 教育問題について 「(贈収賄事件のあった)大分県の教育委員会のていたらくなんて日教組ですよ」「(日教組が強いから)大分県の学力は低い」と、日教組を中傷。この暴言の撤回後も「撤回はしない。わたしは日本の教育のガンは日教組だと思っている。ぶっ壊すために火の玉になる」と暴言した。
 また、海外からの外国人観光客の誘致策を問われた際、「日本はずいぶん内向きな、単一民族といいますか、世界とのあれがないものだから内向きになりがち。まず国を開くというか、日本人が心を開かなければならない」と暴言。

 これは本当にお粗末だろう。戦後教育のせいにしているがこれは自らの失政の責任追及を恐れて日教組に責任を転嫁しただけ。さらにこの男が間抜けなのはアイヌ民族や在日コリアンの存在を無視していること。李忠成(日本代表、柏レイソル)はこの発言を聞いて呆れているだろう。
 さらに輪をかけて間抜けな男がいる。典型的なハエ男と言うべき大阪府のヒトラー、橋下徹である。中山の発言について「表現方法は賛否両論あると思うが、本質をついているような発言なんじゃないですか」と語り、また自身の経験と重ねて、「(学力調査の公開には)教員が大騒ぎして大反対している。教員組合が強いかどうかはわからないが、教員が教育の中立性の名の下に府民の声を聞かなかった」などと暴言、中山をヨイショしたようだ。

http://www.asahi.com/politics/update/0927/TKY200809260374.html

 この男の法律概念はサル以下だろう。この男のお粗末さは拙ブログでことごとく撃墜してきた。これが我が盟友の言うとおりバラク・オバマ相手にディベートを挑んでみたらたった3分で論破されるのが落ちだろう。それほどこの男の論の薄っぺらさは明らかだ。
 民主党のネオコンにすり寄ってごまかそうとするお粗末な論の持ち主がかばう中山なんかはもう、拙ブログですらも相手にする価値はない。せいぜいこの男には居座ってもらおう。そうすることで国民はこんなお粗末な大臣を選ぶことしかできないアホータローの無能さに歯ぎしりしつつ、政権交代すべきという思いを強くするに違いない。

 参考文書
成田反対闘争は「ごね得」 国交相、単一民族発言も '08/9/26 中国新聞
 中山成彬国土交通相は二十五日、共同通信社など報道各社とのインタビューで、成田空港建設への反対闘争について「ごね得というか、戦後教育が悪かったと思う」と批判。外国人観光客の誘致策に関連しては「日本は随分内向きな、単一民族といいますかね、あんまり世界と(交流が)ないので内向きになりがち」と発言した。
 さらに大分県の教員汚職事件にも言及し、日本教職員組合(日教組)と絡め「大分県教委の体たらくなんて日教組(が原因)ですよ。日教組の子供なんて成績が悪くても先生になるのですよ。だから大分県の学力は低いんだよ」と話した。しかし数時間後の同日夜になり、いずれの発言も「誤解を招く表現であったので撤回します」とのコメントを発表した。
 成田空港は二○一○年春に、二千五百メートルに延伸する二本目の滑走路が供用される予定。供用に向け、国が地元自治体や住民と騒音対策や公共施設整備など地域振興策の話し合いを進める中での新しい所管大臣の発言だけに波紋を広げそうだ。
 中山氏は反対闘争について「公のためにはある程度自分を犠牲にしてでもというのがなくて、自分さえよければという風潮の中で、なかなか空港拡張ができなかったのは大変残念」と述べた。
 政治家の「単一民族」発言は過去にも問題となった。一九八六年の中曽根康弘首相(当時)の「日本は単一民族国家」との発言に、アイヌ民族が抗議。麻生太郎首相も総務相時代の○五年、九州国立博物館(福岡県)の開館記念式典の祝辞で「(日本は)一国家、一文明、一言語、一文化、一民族」と発言した。


<麻生内閣>中山氏失言、小泉氏引退、低支持率…早くも荒波
9月26日22時16分配信 毎日新聞
 中山成彬国土交通相の失言問題で、与党内にも同相の更迭論が強まるなど、24日に就任したばかりの麻生太郎首相は、早くも荒波にもまれている。首相は補正予算案を審議した上で解散・総選挙に持ち込みたい意向だが、閣僚の更迭となれば同案審議に影響を与えるのは必至だ。中山国交相の失言に加えて、小泉純一郎元首相の突然の引退など、問題が噴出した麻生内閣は、早くもつまずきを見せた格好だ。
 中山国交相の失言が深刻なのは、発言がいずれも過去の経緯や事実関係を踏まえていない点。成田問題で政府は95年1月、亀井静香運輸相(当時)が閣議で了解を得た上で、建設反対派の農家に謝罪文を提出した。「単一民族」問題も、国会が今年6月にアイヌ民族の「先住民族」認定を求める決議を採択したばかり。教育問題は、斉藤鉄夫環境相から「日教組の組織率と学力試験に相関関係はない。科学データに基づかない発言は大きな誤解を生む」と批判された。
 中山国交相は文部科学相だった04年11月、歴史教科書の記述は「極めて自虐的」などと発言し、後に修正したが、05年1月に「自虐的な教科書がいっぱいある」などと語った“過去”がある。
 小泉元首相の引退も、「構造改革の旗印」が消えたことで総選挙に影響すると指摘されている。山本一太前副外相は「麻生政権で、あらゆる改革が小泉政権前に逆戻りしている。そのタイミングで小泉さんがいなくなると自民党は古い政党に戻ったとイメージが悪くなる」と懸念した。二階俊博経済産業相も「あれだけ影響力を持った政治家が、国会議員としての政治活動に幕を下ろしたわけで、影響がないとは、とてもいえない」と憂えた。
 毎日新聞の世論調査では、麻生内閣発足直後の支持率は45%。安倍政権の67%、福田政権の57%にも及ばなかった。中曽根康弘元首相はTBSの番組収録で「他内閣と比べるとちょっと数字が低い。(安倍内閣、福田内閣と)2代にわたって(政権を)投げ出し、そのあおりを食らっている。自分の力で50~60%を獲得しないといけない」と指摘した。
【高塚保、古本陽荘】


野党、中山国交相の罷免を要求
9月26日20時54分配信 産経新聞
 野党各党は26日、中山成彬国土交通相が成田空港建設反対派住民を「ゴネ得」と批判したことなどを一斉に批判し、民主、共産、社民3党は中山氏の罷免を要求した。
 民主党の鳩山由紀夫幹事長は同日の記者会見で「とんでもない大臣がいたものだ。撤回したが本音が失言の中に表れた。(首相は)早く罷免しなければならない。麻生太郎首相の任命責任も極めて大きい」と、厳しく追及していく姿勢を示した。
 共産党の穀田恵二国対委員長は「言語道断だ。もう罷免しかない」と述べるとともに、「この内閣の先行きを象徴的に示している」と指摘した。
 社民党の福島瑞穂党首は同日夕、国交省を訪ね、「閣僚としての資質に多大な疑義がある」などと中山氏の辞任を求める申し入れ書を同省幹部に手渡した。その後、福島氏は国会内で記者団に「あまりに人権感覚がない。先住民族について全会一致で国会決議をしたばかりだ。野党が共闘し罷免を求める」と述べた。
 国民新党の亀井久興幹事長は「閣僚として見識のない発言だ。真意を公の場で確認する」と述べ、国会の代表質問や予算委員会で追及する考えを示した。 
 また、中川昭一財務相兼金融相と小渕優子少子化担当相の2閣僚が26日、自身が代表を務める政治資金管理団体や党支部が指名停止処分などを受けた企業から受けた寄付を得ていた問題も野党は批判した。鳩山氏は「不適切であることに間違いない。首相の任命責任が問われる」と批判した。


国交相発言「本質ついてる」 橋下知事は擁護論
朝日新聞2008年9月27日(土)10:58
 中山国交相の発言に対し、学力調査の結果公開を求めて市町村教委とバトルを繰り広げている橋下徹・大阪府知事は26日、報道陣に「表現方法は賛否両論あると思うが、本質をついているような発言なんじゃないですか」と話した。橋下知事は「(公開には)教員が大騒ぎして大反対している。教員組合が強いかどうかはわからないが、教員が教育の中立性の名の下に府民の声を聞かなかった」などと述べた。


 こんな程度の男など、政治を語るな!!!

2011-11-30 23:28


2011年11月27日

絶対に諦めない、独裁者を日本から追い出すまでは


 ダブル選、維新完勝 大阪新市長に橋下氏、新知事に松井氏
産経新聞 11月27日(日)20時5分配信


  大阪府知事と大阪市長のダブル選は27日、投開票が行われた。市長選は、前知事で地域政党「大阪維新の会」代表の橋下徹(42)が、民主、自民両党府連の 支援を受けた現職の平松邦夫氏(63)を破って初当選が確実となった。知事選でも維新幹事長の前府議、松井一郎(47)が、両党府連の支援を受けた前池田 市長、倉田薫氏(63)ら6人を破っての初当選が確実となった。

 「維新VS反維新」の構図で激戦が展開された40年ぶりの大阪ダブル選は、府と大阪市の再編を伴う「大阪都構想」を掲げ、知事辞職で政治決戦を仕掛けた「橋下維新」の完勝となった。

  維新は、都構想の実現に向け、次期衆院選での候補者擁立も辞さない構え。野田佳彦政権誕生後初の大型地方選で敗れた民主、党勢回復を狙う自民など、既成政 党側には大きな打撃となり、衆院選に向け、今回の選挙結果が国政レベルに政界再編をにらんだ影響を与える可能性もある。

 今回の選挙戦は、維新が掲げた都構想、教育への政治関与を明記した教育基本条例案の是非といった政策面のほか、トップダウン型と協調路線など、首長の政治手法の在り方も対立軸となった。

 維新側の橋下らと、反維新の平松、倉田両氏がそれぞれ“タッグ戦”を展開。維新側は、橋下氏の抜群の知名度を背景に、4月の統一地方選で大量増員した100人超の地方議員がフル稼働で戦った。

 平松氏は1期4年の実績をアピールするとともに、橋下の発言や政治手法を踏まえて「独裁を許すな」と強調。ただ、橋下の府政運営を一定評価する倉田氏とは微妙な認識のズレがあり、タッグ戦の効果をあげることはできなかった。

 一方、既成政党は終始存在感を示せなかった。

  共産は、市長選で当初、推薦候補の擁立を発表したが、「反維新勢力の結集」を旗頭に擁立を取り下げて平松氏を自主支援。しかし、平松市政を批判してきた中 で矛盾を抱える戦いとなった。公明は、次期衆院選をにらんで維新との全面対決を避けるため、両選挙とも自主投票とした。

 橋下らは政治家失格のため敬称では呼びません。

 今回の暴挙を私たちは批判する。
  橋下の悪事の実態を私は批判してきた。だが、そんな愚か者を選んだ以上私は容赦しない。大阪府のわがままは絶対に拒否する運動を起こすべきである。また、 大阪市に橋下への抗議メールを送る際には「自称市長」とつけて馬鹿にしてやればいい。オコチャマ並みの精神であり、この男にこそ、精神科医に行くことをお 勧めするのがぴったりだ。

共生主義からも橋下自称知事をリコールせよ(小野哲)
テーマ:ブログ
2010-08-27 09:07:41
asahi.com> マイタウン> 大阪> 記事
大阪市長、市政改革構想公表 「知事が市民惑わすので」
2010年8月24日
  大阪市の平松邦夫市長は23日、職員数を1万人削減するなど来年度以降の市政改革の構想を公表した。公表の理由について「橋下知事が『大阪市の改革が止 まった』と発言するなど不当な『内政干渉』を繰り返し、市民を惑わせている。次の改革の方向性を市民にはかりたかった」と述べた。具体的な市政改革方針は 10月中旬以降に発表するという。
 構想では、職員数の1万人削減は2023年度末までに達成。ごみ収集の民間委託化や市営地下鉄の運行部門の民営化を含む公営企業の効率化などで進めるという。
 平松市長は、人口が大阪市より多いが職員数は同市に次ぐ横浜市と比較。「土木、下水道、公園の維持管理事務所が部門別であるなど明らかに非効率なものがあり、変えるよう指示した」と話した。
  構想ができた経緯について、橋下知事が代表をつとめる地域政党「大阪維新の会」の「外圧」を否定しながらも、「維新の会が本来比較すべきでないことを比較 し、市民を惑わせ、理不尽な干渉をしようとしている。市民のために動き、発信しなければならないと考えた」などと述べた。
 一方、橋下知事は大阪市の職員削減案に対し、「案を出してくれるのは大賛成だが、市役所主導の案なのでどうなるか。削減計画にしても非常にターム(期間)が長すぎる」と話した。(島脇健史、吉浜織恵)
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201008230144.html

 共生主義の観点から、私は橋下自称知事を厳しく批判してきた。
  我が盟友にモラハラそのものの姿勢を厳しく糾弾されて、知事失格を言い渡されたが、橋下はあの鹿児島県阿久根市のポピュリズム市長の竹原某が羨ましいよう で独裁を大いに賛美していたのだから、唖然とする。実際、阿久根市ではリコール運動で住民投票による解任の是非を問い掛けることが確実な情勢のようだ。
 更に、橋下は呆れた公私混同をやらかした。これには呆れて、怒る気持ちになれないし、ロシアへの移住を勧告するしかない。

橋下氏、子ども同伴サインもらう サッカー遠藤選手表彰で
2010年8月25日 21:10 カテゴリー:政治
 大阪府の橋下徹知事が、サッカー・ワールドカップ日本代表の遠藤保仁選手に「感動大阪大賞」を授与する直前、橋下氏の息子3人を知事室で遠藤選手と会わせ、写真を撮ったりサインをもらったりしていたことが25日、分かった。公私混同との指摘は免れず、波紋を呼びそうだ。
  同日の記者会見で明らかにした。橋下氏によると、7月14日の表彰式前、応接室で待っていた遠藤選手を知事室に招き、息子3人と写真を撮ったりした。橋下 氏は「僕が知事になり、一般の子どもたちと違う生活環境が生じた。知事のファミリーとして祝福を述べることはあってしかるべきだ」と述べ、問題はないとの 考えを示した。
 また橋下氏は「僕は子どもを自由にどこかに連れて行ける状況にない」と、これまでスポーツ関連の公務に家族を同伴してきた理由を説明した。
西日本新聞より

 ハッキリ言おうか。
 だったらオメーが知事を辞めれば済む話だろ、ボケ!
  橋下は就任後、全く本来の知事としてこなすべき仕事をことごとく放棄し、むしろどうでもいいことにうつつを抜かしてきた。これで迷惑なのは大阪市民であ り、正当に選ばれた平松市長である。平松市長はすくなくとも、自民党系の市長時代とは違ってそれなりに仕事をこなしている。民主党だから気に食わないと子 供じみた事ばかり繰り返す橋下自称知事。どっちが大人なのか分からない。
 実績から言っても、橋下の仕事は単なるポピュリズムでしかない。小沢一郎氏の脱線発言よりも始末に負えない暴言をことごとく繰り返し、仕事も全くしない。そんな男には大阪府の共栄・共存を託す事は到底無理な話である。
 我が盟友にも見捨てられているのだから、さっさと知事をやめなさい。そうそう、退職金も給料も全部大阪府に受け取っただけの2倍にして返還してからね。

 なお、平松氏についてだが今後も正統市長として私たちは公認する。
 橋下、松井には切腹の沙汰を出す。潔く切腹するがいい。発達障がいですらも自助努力で切り捨てる程度の低レベルには唖然とする。当事者の団体は発達障がい政策の後退を懸念している。

http://www.suginokokai.com/oshirase/pdf/osaka_ryoikujigyo_yobo_2011.pdf

 現在、発達障がいは子供向けだけには充実しているのだが、その子供向けにやっている大阪府の事業を市町村に権限を移すと言うのだから無理もはなはだしい。現場は混乱しており、ある社会福祉法人では橋下の対策を厳しく批判している。

http://www.suginokokai.com/matsugami/no0050.html

 また、橋下はこんなパワハラをやらかし、部下の命を奪った。殺人犯そのものではないか。

http://gendai.ismedia.jp/articles/print/23710

 絶対に許してはいけない。心ある大阪府民はふるさと納税で対抗すべきで、一銭も大阪府や大阪市に納めない方法がいい。なお、方法はこうやればいい。

http://f-tax.jp/site/how_tax

 ふるさと納税でやったほうがいい場所は岩手県陸前高田市、沖縄県名護市、福島県矢祭町、東京都世田谷区をお勧めする。いずれも護民官がきっちり善政を敷いているからだ(ちなみに矢祭町はやや保守系)。