2013年10月5日土曜日

今や職業・詐欺師 酒井法子


 実に吐き気を覚える最悪のニュースが入ってきた。
 芸能界というのはどこまで腐っているのかと思うと不快感すら覚える。

のりピー復帰にも影響を与えそうな日中関係
2012年09月21日 11時45分 [芸能] リアルライブより
 覚せい剤事件で執行猶予中の女優で歌手の酒井法子が12月に主演舞台で芸能界復帰することを一部スポーツ紙が報じた。
 酒井は09年11月に懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受けたが、今年11月下旬に執行猶予が明けるため復帰話があれこれ浮上していたが、報道によると、映画などのオファーの中からあえて舞台を選び、戦国時代を描かれた作品になるという。
  「薬物事件で所属していたサンミュージックはマネージメント契約を解除したものの、復帰後は同社が酒井をバックアップすることになりそう。事件後、酒井の 面倒を見ていた建設会社の会長が亡くなり、会長が中心となって復帰話をすすめていたため、一時期は復帰が白紙になったと言われていたが、どうやら古巣と話 し合って復帰が決定したようだ」(テレビ関係者)
 酒井といえば、日本のみならず、アジア圏、特に中国で人気を集め、昨年4月には首都・北京を訪れ、薬物撲滅PRビデオを撮影し、市内にある薬物乱用防止教育の施設の行事に参加するなど、いまだに中国での“商品価値”は高い。
 「そのため、中国に太いパイプのある関係者が、亡くなった会長に接触し、映画出演など日本ではなく中国での復帰計画を持ちかけていた。酒井本人も中国での仕事に興味を示していたので、今後も実現する可能性が残されていた」(週刊誌記者)
  ところが、ここに来て、日本政府の沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化に抗議する反日デモが中国全土に拡大するなど日中関係が悪化。中国人の女優や 音楽家などが続々と来日を中止しているだけに、いくら酒井の人気が高いとはいえ、この状況で訪中するのは危険なだけに、問題が解決するまでは中国で仕事を することはなさそうだ。

【酒井法子】福岡県出身。85年に芸能界デビュー。95年に主演したテレビドラマ『星の金貨で』主題歌であった 「碧いうさぎ」が同ドラマとともにヒット。98年に高相祐一氏と結婚。99年に長男を出産。09年に高相氏が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮 捕。その後、覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕され、懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

 だが、この復帰の話に人気タレントのベッキーが反発していると言われている。
 彼女はサンミュージックプロダクションに所属していて、覚せい剤事件で精神的に苦しい思いをさせられたと言われている。私はその話の信ぴょう性は信用できないが、酒井の芸能界復帰にはいかなる形であれ断じて反対する。
  酒井は加勢大周氏を知っているのか知らないが、加勢氏は人気俳優だったが2008年に覚せい剤で逮捕され、2009年に芸能界を引退して今はバーテンダー をやっているそうだ。自分の罪を認めて潔く芸能界から足を洗った加勢氏の清々しさと比較しても見苦しいの一言に尽きるではないか。
 酒井は長男の 存在を復帰の理由に上げているようだが恥知らずの一言に尽きる。子供を使って己の保身に使っているのだから使われている長男がかわいそうだ。直ちに親権を 孫正義氏か植草一秀氏に渡して一生長男と合わない誓いを立てろと耳元で思いっきり怒鳴りつけてやりたいほど憤慨している。
 そもそも、罵声を浴び るほど酒井の演技力は優れていたと言えるのか?単なる人気演出家のお遊戯で踊っていたに過ぎないのではないか。大根役者というしかないこの女には「お前の 職業は詐欺師だ」と一喝してやりたい。介護福祉に進みたいとして裁判で執行猶予付きの判決をだまし取ったのだから。たとえサンミュージックが酒井の復帰を 望んで事実上支援しても酒井の犯罪は消せない。
 これでは織田信長の子孫であるフィギュアスケート選手の織田信成選手が絶句する。お市を演じるというのだからなおさらだ。織田一族への冒涜でもある。
 
 2012-09-23 11:00