2017年6月6日火曜日

法律の基本を全くわからない老害 岡村勲

 今回の書人両断は完全に許しがたい老害である。
 この男が『人権派』だったから、レイシスト共にやりたい放題されてしまうのだ。

2016/10/07(金)   「殺したがるばかどもと戦って」 瀬戸内寂聴さんの発言に犯罪被害者ら『反発』 日弁連シンポで死刑制度批判 (産経新聞/一部記事内容を訂正)

 日本弁護士連合会(日弁連)が6日、福井市内で開催した死刑制度に関するシンポジウムに、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(94)がビデオメッセージを寄せ、死刑制度を批判したうえで「殺したがるばかどもと戦ってください」と発言した。会場には全国犯罪被害者の会(あすの会)のメンバーや支援する弁護士らもおり、「被害者の気持ちを踏みにじる言葉だ」と「反発」した。
 日弁連は7日に同市内で開く人権擁護大会で「2020年までに死刑制度の廃止を目指す」とする宣言案を提出する。この日のシンポジウムでは、国内外の研究者らが死刑の存廃をめぐる国際的潮流について報告。瀬戸内さんのビデオメッセージはプログラムの冒頭と終盤の2回にわたって流された。
 この中で瀬戸内さんは「人間が人間の罪を決めることは難しい。日本が(死刑制度を)まだ続けていることは恥ずかしい」と指摘。「人間が人間を殺すことは一番野蛮なこと。みなさん頑張って『殺さない』ってことを大きな声で唱えてください。そして、殺したがるばかどもと戦ってください」 と述べた。
 瀬戸内さんの発言について、あすの会顧問の岡村勲『弁護士』は「被害者はみんな加害者に命をもって償ってもらいたいと思っている。そのどこが悪いのか。ばか呼ばわりされるいわれはない」と暴言した。

http://www.sankei.com/west/news/161007/wst1610070012-n1.html

 ハッキリ言ってやろう。
 瀬戸内氏の発言には一部問題はあったとは言え、岡村の暴言を断固として見逃す訳にはいかない。
 『被害者はみんな加害者に命をもって償ってもらいたい』という暴言こそ重大ではないか。私が知っている限りにおいては犯罪被害者の中に死刑制度を廃止すべきという声が高まっていることは事実なのである。
 そもそも法令遵守の観点からも、法律を我田引水で引用するふざけたマネは絶対に許す訳にはいかない。そもそも、岡村は妻を企業舎弟に殺された事がきっかけで『人権派』から人権弾圧一味に成り下がったのだが、所詮その程度の小物に過ぎなかった。
 犯罪被害者及び遺族がなぜ法廷に入っていけないのか。それは国際法で公平な裁判の実現のためには当然の事である。そして、法廷侮辱罪も国際法上当然の事なのである。今の裁判は犯罪被害者と遺族の主張ばかりが優先され、公平性が著しく奪われている。
 その結果は人を感情で断罪する取り返しのつかないヘイトスピーチの場に裁判が成り下がったのではないか。岡村は結果として加害者と一緒に妻を殺したのに等しいのである。
 妻は冥府で岡村の歪みを嘆いているに違いないのではないか。岡村に対して言える事はただ一つ。『あなたは今すぐ弁護士の資格を返納しなさい。これは国民及び国際法の命令です』と。中坊公平氏も呆れているに違いない。